離婚で後悔したくないあなたへ

お悩みのあなたとともに

阪離婚手続き相談室

運営者:行政書士 櫻歌(おうか)綜合法務事務所
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-19-13
       幸和セントラルビジネスビル401

電話
受付時間

平日 9:30~19:00
(土日祝は不定期)

LINE
ID

@xat.0000138606.5ld

お気軽にお問合せください

06-6170-8235

離婚後の苗字(姓・氏)を変えないことはできる?

離婚に関係する最低限の法律を押さえましょう

離婚の法的基礎知識

離婚後の苗字(姓・氏)を変えないことはできる?

離婚したら原則的に婚姻前の苗字(正式には氏(うじ)。以下「苗字」)に戻ります。

ただし離婚の日から3ヶ月以内に限っては、市町村に届出をすることで婚姻中に名乗っていた苗字にすることができます。

しかし離婚後元妻が元夫と同じ苗字であるといっても戸籍は全く別、つまり苗字が同じという意外は「赤の他人」です。

 

この制度を利用するのは夫婦間に子供がいる場合が考えられます。

一般的なケースでいうと、婚姻期間中は父親の苗字だった母親が離婚して子供の親権者となったとしましょう。

この場合手続きをしなければ、母親は婚姻前の苗字に戻りますが子供は父親の苗字のままとなり、同居しているにもかかわらず親子で苗字が違うということになります。

これを解消するには二通りの方法が考えられます。

①子供の苗字を母親の苗字に変える

②母親が子供の苗字(=父親の苗字)にする

 

①の場合は②よりも少し手間がかかります。(「子供の苗字(氏・姓)」参照)

②は始めに述べたとおり届出だけで済む他に、子供へのいじめの予防という実利があります。 

おおよそ義務教育くらいの年齢の子供にとって、転校などちょっとした親の都合でもいじめの対象になりかねません。

苗字が変わるというわかりやすい変化はなおさらそうでしょう。

それを予防するために子供の苗字に母親が合わせるということです。

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

06-6170-8235

LINE ID: @xat.0000138606.5ld
Skype ID: ouka-legal-office

フォームからのご予約などは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

事務所紹介はこちら

友だち追加数