離婚で後悔したくないあなたへ

お悩みのあなたとともに

阪離婚手続き相談室

運営者:行政書士 櫻歌(おうか)綜合法務事務所
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-19-13
       幸和セントラルビジネスビル401

電話
受付時間

平日 9:30~19:00
(土日祝は不定期)

LINE
ID

@xat.0000138606.5ld

お気軽にお問合せください

06-6170-8235

離婚のときの慰謝料の相場と時効

離婚に関係する最低限の法律を押さえましょう

離婚の法的基礎知識

離婚のときの慰謝料の相場と時効

離婚の際によく慰謝料の質問があります。

そもそも「慰謝料」とは「生命・身体・自由・名誉・貞操などを侵害する不法行為によって生じた精神的苦痛に対する損害賠償」(出典:広辞苑)です。

例えばDV(ドメスティック・バイオレンス)等暴行で受けた傷害などや、夫婦の一方の不貞行為(継続的で、かつ性交渉を伴う浮気)が離婚の原因である場合に、それによる精神的苦痛に対し支払われるものです。

よって夫婦のどちらかに一方的に責任があるとはいえないような離婚の場合(例:性格の不一致など)は、慰謝料の請求は難しくなります。

また、一方が精神的苦痛を受けたつもりでも、相手方がそれを認めなければ「謝る必要がない」などの理由で慰謝料の支払いの有無、またそもそも「慰謝料」という言葉を用いるかどうかで離婚の協議が進まないことがあります。そのような場合は「慰謝料」ではなく「この離婚協議を解決するため」という理由で 双方に都合のよい名目の「解決金」として支払うことで決着する場合があります。

有名人の離婚の場合、慰謝料が数億円などと報道されることがありますが、慰謝料が支払われるケースでも婚姻期間、年齢や収入、また昨今の経済状況から一般的には200万円以下が多いようです。

ただし、同じ事柄でも個人によりそれを苦痛に思う度合いが違うなどの性質上そもそも金額の基準を定めようがなく、ある程度の相場観はありますが、「基準額」のようなものが法律で決まっているわけではありません。

 

できれば離婚と同時に慰謝料(解決金)の問題を並行して解決することをお勧めします。

なぜなら離婚が成立した後に慰謝料請求は可能ですが、その場合慰謝料の支払いを受けるのは非常に困難を伴うからです。

 

なお、離婚の日から3年間経過すると慰謝料の請求権は時効となります。

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

06-6170-8235

LINE ID: @xat.0000138606.5ld
Skype ID: ouka-legal-office

フォームからのご予約などは24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

事務所紹介はこちら

友だち追加数